Sample Company

TEL&FAX:06-6180-5453受付:10:00-18:00(土日祝除く)

事例(親の面接継続と講座受講のみで回復)

<CASE 1>
13歳女子、2人姉妹の姉。中学1年2学期頃からしばしば学校を休み出す。
3学期から全く不登校。
自室にこもり両親と顔を合わせることを避け会話も全くしない。特に父親を極端に嫌う。
自室の柱に2体の紙人形が釘で打ち付けられている。ある日偶然それを目にした母親が直感的にただ事ではないと感じ、私の元を訪れた。「呪いの藁人形」が紙に変わっただけで、被写体は私たち親のことだと思うと口にされた。それから母親は月に2回の面接と講座(親の勉強会)に通い続けた。不登校を続けても中学の卒業証書は自宅に届いた。
その後、彼女は通信制高校に通いながら、自分でパン屋さんのアルバイトを見つけ学びと仕事を両立。そして高校を卒業し18歳。車の運転免許を取得したばかりの娘に助手席でサポートして欲しいと頼まれた父親は「こんな日が来るとは思わなかった」とヒヤヒヤしながらも感無量だったようだ。正社員として就職したとの報告を受け更にその数年後、結婚の報告を受けた。「披露宴の席で花嫁からの感謝の手紙を、娘が声を詰まらせながら読んでくれました。」と直接お知らせを受けたのが、母親に会った最後の記憶である。本人とは一度もあっていない。

<CASE 2>
本人は長男。弟と妹、両親の4人家族。
私立大学1回生。入学した大学は本人の希望する大学ではなかった。
ある日突然、暴れ出した。家中の電化製品、ガラス戸をバットで壊しだした。
両親は方々の相談機関をあちこち駆けずり回り、当方を訪れた時はかなり疲れ果てた様子だった。たいがいの場合、母親が先頭に立って相談に見えるのだが、このケースは父親から、より必死さを感じた。激しい暴力が起こった時は、最初から父親が乗り出すことが多い。「この子の下にまだ2人子どもがいます。私が仕事で留守の間、家内と下の2人を守らないといけないのです。もちろん本人のことが一番心配ですが、このままでは下の2人も変になってしまいます。何でもします。教えて下さい。」初めから全身全霊の溢れ出る気持ちが伝わってきた。親の腹が本気で座ったケースは回復が速い。
その後、本人は希望する大学に3回生で編入し、卒業後IT企業に就職した。このケースもまた本人には会っていない。


<CASE 3>
最も短期で復活したケース。両親と姉、本人の4人家族。長男(本人)は大卒後2年半、家にいて全く仕事に就く気がない。母親が相談に訪れた。4人家族のうち、この母親と長女の2人が障害・福祉関係の仕事に従事していた。初回面談で基本的なサポート姿勢を伝えると、「それでしたら私が職場で利用者さんにやっていることと同じ。分かりました。」父親には母親と長女が特訓したようだ。半年後、長男は就職が決まり1カ月間、缶詰状態で新人研修を受け、無事就職した。